特殊紙で特徴のある名刺をー第1弾クラフト紙ー

FB_名刺

こんにちはマサシです。
今回は特殊紙を使った名刺の第一弾として、ファーストビンテージという紙を使った名刺を作ってみました。

完成品

FB_名刺

仕様

●用紙:ファーストビンテージ ベージュ
表面が少しざらっとしており、凹凸がある

●印刷:オンデマンド印刷
印刷のノリ:普通より少し悪い(ベタなどはムラができる)

●サイズ:名刺サイズ 91mm×55mm

製作過程

ファーストビンテージについて

ファーストビンテージはいわゆるクラフト紙でTAKEOさんで提供しています。色も12種類あり、オークなどは特にクラフトっぽさを感じます。

TAKEO ファーストビンテージ

ファーストヴィンテージの銘柄情報をご覧いただけます。

色も紙厚も種類が多く使いやすいので、クラフトっぽさを出したい場合はこの紙をお勧めしてます。(先日も結婚式の席次表に使いました。こちらも別の回にご紹介します。)

FB_紙質

よく見ると紙の繊維のようなものが浮かびあがっています。表面は未晒の感じで少しざらざらしてます。

印刷

今回オンデマンド印刷でしたが、印刷のノリは問題ないですが、全面ベタなどの場合は表面が少しエンボスがかかっているので、印刷の設定に注意が必要です。

又、紙厚があるため、印刷がぶれやすかったです。実際は1ミリ弱のズレが発生しました。

考察・次回に向けて

今回は「一般的な名刺で紙質を変えてみる」ということを意識して作成しました。

クラフト紙を使っているので、タイプライターのような文字を使用したり、印刷方法も活版で行うなどしてみると風合いをもっといかせるのではないでしょうか。

ショップカードにも使えそうですね。

こんな感じでいろんな特殊紙を試して行こうと思っております。

マサシ

シェアする

フォローをお願いします。

マサシ