子供のシール作ってみました。

こんにちはマサシです。今回はシールを作ってみました。

以前から弊社ではシールやステッカーの取扱いがありまして、展示会で配るノートPCに貼るステッカーであったり、個人情報保護シールや訂正シールなど作っています。こちらの製作は協力会社に依頼して作成しております。

実はわが社のオンデマンド機はタック紙の印刷を行うことができます。又、レーザーカッターもあるので、調整次第でいわゆる半抜きの状態もできます。(量産には向きませんが、、、)

そこで今回は現在1歳半のわが子の写真をシールにしてみました。

完成品

完成品

仕様

用紙:タック紙 上質・アート・コートの3種類

印刷:オンデマンド フルカラー

加工:レーザーカッターにて半抜き加工

製作過程

印刷

今回はタック紙の印刷の試し出しとレーザーカッターの細かい調整のサンプルとして、赤ちゃんシール作成しました。

タック紙の印刷は通常の紙の場合と変わりはほぼなく、タック紙の設定さえできていれば、問題なく可能であることが分かりました。

加工

レーザーカッターについてはサイズや調整がかなり必要なことがわかりました。

だいたいの調整に計6回かかり、今回はだいたいこんなもんだろでやめてしまいましたが、厳密にいうと毎回合わせても少々ブレることがわかりました。(調整とはレーザーカッターの位置調整と半抜きにできる切断の深さ調整です。)

詳細

右上の一番小さいシール部分(直径15mm程度)の部分。ここを綺麗に縁取るのに一番手間がかかりました。

今回は試しで作ったので、切り抜き線も手書きパスでやったので、雑な感が出てしまいました。

考察・次回に向けて

レーザーカッターのブレも回数を重ねるたびに発生しているようなので、どの程度のブレなのかを確認したいと思います。

又、そのためには切り抜きパスなども正確なものを用意しようかと思います。

あと次回はシールは子どもが喜ぶので、子ども自身ではなく、何かイラストでやってみようと思います。

シェアする

フォローをお願いします。

マサシ