紙の目の向きについて

紙の目の向き

皆さんこんにちは。アツシです。

今回は印刷にまつわる知識として知りえた情報である、紙の目の向きについてご紹介したいと思います。

紙の目とは?

みなさん、紙には目があることを知っていますか?

木に木目がある様に紙にも目があります。

目とはつまり紙の繊維の流れのことを指します。

ロール紙が排出される向きに沿って紙の繊維の流れができます。カット紙はその流れに対して切るサイズを変更させることで目の向きを変えることができます。

カット紙が生成されるイメージ

目の種類は縦目と横目となります。
(紙屋さんで注文する際はそれぞれ、T目とY目と記します。)

紙の目の向き

では、紙の目の向きをなぜ気にする必要があるのでしょうか?

それは、用途によっては紙の目の向きが加工の際に影響するためです。

紙の目を意識するケース

例えば以下のようなケースは紙の目の向きを考えるべきです。

  • 紙を手で切る場合
  • 紙を折る場合
  • プリンターや印刷機に紙を通す場合

紙を手で切る場合

紙を手で切る場合、切りたい方向と紙の目の向きを合わせるとまっすぐ切りやすくなります。

順目で切った場合

逆に紙の目の向きに反して切ろうとすると、紙の目が邪魔をして斜めに切れたり、横に切れたりしてしまいます。

逆目で切った場合

比較してみるとよくわかるかと思います。

切り方の比較

紙を折る場合

紙を折る場合も同じで折り目を付ける方向と紙の目の向きを合わせると紙自体の抵抗が少なく、折りやすいです。

また、折った後も自然と開かずにおくことができます。

逆に紙の目の向きに反して折ろうとすると、紙の目が反発するため折りづらくなります。
これが、厚い紙だと顕著に折りづらくなり折り目もがたついた折り目になってしまいます。

そして、折った後の状態も紙自体が反発するため自然と開いてしまうことがあります。

プリンターや印刷機に紙を通す場合

紙がある程度厚さがあれば問題はありませんが、薄い紙を印刷しようとする場合、紙の目の向きを意識する必要があります。

紙を送る方向に対して垂直な紙の目の向きだと、紙が機械の中と通る際に引っかかったりたわんでしまったりしてトラブルが頻発してしまいます。

そのため、薄い紙の場合は紙の目の向きを紙を送る方向と並行にして印刷することが多いです。

目の見分け方

目の見分け方は先に書いた事柄同様、いくつか方法があります。

基本的に紙の目の向きと並行方向に折る、曲げる、切るなどするとあまり力を入れずにまっすぐにできます。

逆にきれいに折れない(がたついてしまう。)、曲げる時手に抵抗を強く感じる、切りたい方向にうまく切れないとかだと、紙の目に対して垂直に行っていることになります。

その他、紙を水に付けたりすると目の向きがわかります。

水につけると内側に曲がる方向が紙の目の向きと同じ方向になります。

まとめ

今回は紙の目の向きについて、知った情報をご紹介しました。

紙の目の向きは折る、曲げる、切るなどの加工を行う際に影響があります。

上記の様な加工をする際は紙の目の向きにも意識して頂けると役立つかと思います。

シェアする

フォローをお願いします。

アツシ