アウトライン化とは?データ入稿の際に気を付けてほしいこと

どうも、アツシです。

今回はデータ入稿の際に必須処理である、「アウトライン化」についてご紹介します。

読んで頂いている方がデータ入稿する際には留意して頂けると助かります。

アウトライン化とは

アウトライン化とはIllustrator等のソフトで作成した原稿データの中にある文字フォントをオブジェクトに変換することを指します。

アウトライン化の見本

作成した原稿データをそのままプリンターで印刷するのであれば、この作業を行う必要はありません。

しかし、作成した原稿データを印刷業者等に委託し印刷する場合にはアウトライン化がされていないと困ったことになります。これはPDFデータにおいても同様です。

アウトライン化しない場合

Illustratorでは利用できるフォントはそのPC上にあるフォントのみとなります。

仮に気に入ったフォントを原稿データに乗せていると原稿データを作成したPC上では期待したフォントで表示されています。(このPCを作成用PCとします。)

この原稿データを他のPC(印刷用PCとします。)で開くとします。

しかし、印刷用PCでは作成用PCで入っているフォントがないため、印刷用PCにあるフォントの中から自動で変換されてしまいます。

これを印刷すると、もちろん最初に作成した原稿データとは異なるフォントで仕上がってしまします。

アウトライン化する場合

今度はアウトライン化した場合で考えます。

先ほどと同様、気に入ったフォントがありそのフォントを原稿データ内に乗せています。

原稿データを入稿データにするため、アウトライン化を施します。

すると、文字データには今まで使っていたフォントタイプの情報が消去され、オブジェクトとなります。オブジェクトのため、上の図ではパスが細かく設定されているのが分かると思います。

この原稿データを印刷用PCで開きます。

今度は文字データは存在せず、オブジェクトとして保存されているので、作成用PCで作成したデータと全く同じデータとなっています。

これで印刷を実行すれば期待した仕上がりとなる訳です。

アウトライン化する際の注意点

アウトライン化すればどのPCから見ても同じ仕上がりとなることが分かりました。

しかし、一度アウトライン化してしまったフォントは二度と戻すことができません。

アウトライン化した後

なぜならアウトライン化はフォントとしての情報は消去され、オブジェクトに変換されてしまうからです。

そのため、文字列を変えたい場合は簡単には修正ができなくなってしまいます。

なのでアウトライン化する際は自前でバックアップを取っておくことをお勧めします。

アウトライン化する方法

Illustratorではいくつか方法があります。

まず、アウトライン化したいパスを選択します。そして、

1.Ctrl + Shift + Oキー で選択したパスをアウトライン化

2.メニューから 書式 -> アウトラインを作成

のいずれかでアウトライン化できます。

まとめ

今回はデータ入稿の際に必須となる、アウトライン化についてご紹介しました。

データ入稿をする度に毎回バックアップとアウトライン化をやらなければならないのは面倒かと思います。

しかし、大切な原稿データをそのまま仕上げる為にはどうしても必要な処理なのでやって頂けると幸いです。