アスクルで販売している輪ゴムを比較してみた

輪ゴムの性能比較

こんにちは、アツシです。
今回はいつもと趣向の異なる記事を書いてみました。

弊社では事務用品をアスクルで調達しております。

その中の一つである、2種類の輪ゴムを試しに買ってみたので、
どのような違いがあるのか、比較してみました。

アスクルで輪ゴムをご購入の際は参考にしていただけると幸いです。

背景

弊社では輪ゴムを主に名刺を納品する際に利用しています。

今まではオーバンドを使っており、輪ゴムの在庫が少なくなってきたのでアスクルで注文しようとしたところ、同じ大きさで価格が安いラバーバンドを発見しました。

事務用品の費用も気が付くと結構な費用が掛かっていたりします。

なので経費を少しでも減らすべく、同じ輪ゴムなら価格が安いラバーバンドを使ってみようと思いました。

しかし、いざ使ってみて悪ければどうしようとも悩んでおりました。

すぐ切れてしまったり、あまり伸びなかったりしたら使いづらいので確認したいところです。

そこで、今回試しにラバーバンドを購入してみて、オーバンドとはどういった違いがあるのか調べてみました。

比較対象

今回購入したのは以下の物です。

・共和 オーバンド #8 1袋(500g)

共和 オーバンド #8 1袋(500g)の通販ならアスクル。最短当日または翌日以降お届け。【1000円以上で送料無料】【カード決済可】【返品OK】-法人も個人事業主さまも、はたらくすべての方に便利でお得な商品やサービスをお届けする通販サイト、ASKULです。

・共和「現場のチカラ」 輪ゴム ラバーバンド #8 1袋(500g・約8200本入)

共和「現場のチカラ」 輪ゴム ラバーバンド #8 1袋(500g)の通販ならアスクル。最短当日または翌日以降お届け。【1000円以上で送料無料】【カード決済可】【返品OK】-法人も個人事業主さまも、はたらくすべての方に便利でお得な商品やサービスをお届けする通販サイト、ASKULです。

いずれも共和さんが販売しているものですね。

まずは仕様比較してみます。(2018年2月時点)

商品名 内径 切幅 折径 値段(1袋あたり500g)
共和「現場のチカラ」 輪ゴム ラバーバンド #8 16mm 1.1 25 483円
共和 オーバンド #8 16mm 1.1 25 1,130円

同じ重さですが、値段には結構差が出ていました。
値段のみで考えるとラバーバンドの方がお得に利用できそうですね。

では次にそれぞれの特徴を見てみましょう。

オーバンドの検証

オーバンド
オーバンドは見慣れた輪ゴムの色をしていますね。
オレンジ色より少し暗めの色といいますか、輪ゴムならこれっ!といった感じです。
(ニュアンスでの表現ですが。。。)

強度もあり伸びがいいですね。

伸ばした状態のオーバンド

ラバーバンドの検証

ラバーバンド

ラバーバンドはオーバンドに比べて少し色が薄い感じですね。
マゼンタ色が少し薄まった様なそんな見た目です。

伸ばした感触ですが、オーバンドに比べると気持ち硬い気がします。
最大まで伸ばせる大きさはどちらも同じなのですが、反発が少し強いような気がします。

伸ばした状態のラバーバンド2

また、硬さが影響しているのか余裕があまりないような気がして、
オーバンドに比べると少し切れやすい印象です。

所感

物を長時間まとめている場合は、オーバンドの方が耐久性が高いかもしれませんね。
逆に一時的に輪ゴムで止めておく場合は、ラバーバンドでも問題はないかと思います。

弊社で使う場合、長時間まとめておくこともあまりないので、
しばらくはラバーバンドを使ってみようと思います。

まとめ

今回はアスクルで販売されている輪ゴムの比較をしてみました。

いずれもしっかりとして強度はあり、輪ゴムとして満足な性能です。
後は用途によってどちらを購入するのか、検討するのが必要ですね。

今回の調査がみなさんのお役に立てれば幸いです。

シェアする

フォローする