そうだ。ジグソーパズルを作ってみよう。

パズル

こんにちは!ブログ更新ご無沙汰しておりました マサシ です。

今回はライトにレーザーカットでジグソーパズルをつくってみたお話です。

「オリジナルのジグソーパズルが作れます。」っていうサービスは聞いたことあるかもしれませんが、たぶん当研究所(町工場)でも作成可能です。

今回は当サイトロゴのパズル作ってみました。サイトのロゴについてのお話もしていなかったので、そのあたりもお話しします。

完成品

パズル

使用した物:木の板(厚さ5mm程度)、レーザーカッター、マスキングテープ

仕様ソフト:イラストレーター

レーザーカットは鏡のように反射してしまうものや分厚いものは切れませんが、薄い木の板や段ボール、紙などは基本的に切れます。

製作

データ作り

データはこんな感じで作ってみました。

データ

▲基本のパズルのサイズを決めて、「それをブロック何個分で分けるか」というイメージで設計しました。

一般的な切り抜きの形ももちろんできますが、今回はサイトロゴのイメージに合わせて、直線的なブロックにして分けてみました。

サイトロゴについて

サイトロゴは「直線」で作っています。線というよりは自分ではブロックっぽさを出したいと思って作っていった結果、あの形になりました。

コンセプトとしては「ものづくり」、「組み立てる」、「親しみやすさ」がです。

「ものづくり」を子供が積み木をしているような「独創的だけど」、「身近で親しみやすい」イメージになるといいなと思っております。

次回に向けて

今回はシンプルにジグソーパズル作ろうと思って、小さい簡単なものをつくりました。

実際に市販のジグソーパズルは抜き型が決まっておりの抜き工程を経て、作られるものですが、一点ものだったり、独特の抜きを行う場合にはレーザーカットは使用されるかもしれません。

次作る時はもっと大きいものや、無印良品にある動物の木のおもちゃみたいなものも作ってみたいですね。子供のころ、パズルが好きでよく遊んでいたので、簡単な知育玩具とかも作りたいなと思っております。