見栄えのいい年賀状作りのご紹介

見栄えのいい年賀状作りのご紹介

こんにちは、アツシです。

弊社では毎年、年賀状印刷を11月から受け付けております。

年賀状は新年のご挨拶なので、ちゃんとした物を送りたいですよね。

弊社では一つ一つのデザインに合わせてレイアウトを組んでいくので見栄えのいい年賀状を製作しております。

そこで今回は実際に注文を頂いてから印刷するまでをご紹介いたします。

1.デザイン案の紹介

弊社で作成した年賀状のデザインをいくつかご紹介します。

基本的にお客様は法人の方が多いので、モノクロ印刷でかつシンプルめなデザインを毎年ご用意しています。

お客様はその中からいずれかのデザインを選んで頂きます。

2.版下作成

お客様に選んで頂いた後は載せる内容を提供して頂きます。

それぞれのデザイン見本では大まかな位置・大きさで作成しています。

そして載せる内容に合わせて選んで頂いたデザインを当てはめていき、全体のバランスを考えつつ版下を作成します。

名前はここ!住所はこのサイズ!といった形でひな形を作ってしまうと、

載せる内容、選んでいただいたデザインによってはバランスが悪くなってしまうからです。

その年のご挨拶として出す年賀状なので、どうせなら見栄えのいい物を出したいですよね!

なので弊社では版下作成は毎回デザインを作成します。

3.確認・修正

版下が出来たらそれをお客様に確認してもらいます。

記載事項に誤りがないかはもちろん、レイアウトの微調整等をお客様とやり取りしながら修正していきます。

お客様に満足した仕上がりを作るため、微調整でもしっかりと修正していきます。

4.印刷

版下が完成したら後は印刷します。

官製はがきの場合、普通紙とインクジェット紙があります。

オンデマンドプリンターで印刷しているので、普通紙での印刷を推奨しております。

インクジェット紙でも印刷できるのですが、カラー出力などではうまく色が再現できない場合があるので、カラー出力の場合は予めご説明させていただきます。

まとめ

今回は弊社で取り扱っている年賀状印刷についてご紹介しました。

年賀状は新年のご挨拶なので、一つ一つのデザインに合わせて整ったレイアウトに調整します。

また、弊社のデザインに限らず、支給のデザインで印刷だけを頼みたい!といったのも扱っております。

枚数も少量でも対応できますので、見栄えのいい年賀状を作りたい!とお考えの方はご相談頂ければと思います。

シェアする

フォローする

アツシ